FC2ブログ

ひとりごと

本のこと アトピーのこと 日々つれづれ ひとりごと

Top Page » Next
2020-07-23 (Thu)

プラスチックごみ

プラスチックごみ

自治体によって不燃ごみだったり可燃ごみだったりしているプラスチック。いま住んでいる地域では資源ごみとして回収されていますが、ペットボトルも蓋も一緒くたに同じ袋のなかにいれています。実家はペットボトルは別に収集されていてその他のプラスチックごみはすべて可燃ごみ扱いです。これをリサイクルすると決めて全国統一するようなことを聞きかじったのですが、その場合、細かいルールを周知させないとリサイクルする業者の...

… 続きを読む

自治体によって不燃ごみだったり可燃ごみだったりしているプラスチック。いま住んでいる地域では資源ごみとして回収されていますが、ペットボトルも蓋も一緒くたに同じ袋のなかにいれています。実家はペットボトルは別に収集されていてその他のプラスチックごみはすべて可燃ごみ扱いです。これをリサイクルすると決めて全国統一するようなことを聞きかじったのですが、その場合、細かいルールを周知させないとリサイクルする業者の負担が大変なことになると思われます。
というのも、
プラスチックのリサイクルマークがちゃんと機能していない気がするからです。実家では可燃ごみ扱いだったので、資源ごみとしてのプラスチックに無関心だったんですが、いまの地域にきてからは、プラスチックにはリサイクルできるものとできないものがあるということを考えるようになりました。たとえば汚れてるもの。これはリサイクルできない。たとえば納豆の容器。きれいに洗わないとリサイクルできないのに容器のリサイクルマークは「プラ」になっている。だからプラごみとして分別してしまう。
でも洗うために洗剤をたくさん使ったらそれはそれで環境破壊につながるので、洗剤を使って洗わないときれいにならないプラスチックは可燃ごみ扱いなのです(この地域では) たとえば混ぜるだけの筑前煮の素とか、混ぜご飯の素とかの内袋はきれいに洗浄することが困難なプラスチックなので可燃ごみですし、使用したラップ系のものはリサイクルできません。
お肉とか買うとついてくるプラケースはちょっと洗ったり拭ったりで資源ごみとして捨てますが、そこに使われていたラップは可燃ごみです。硬いプラスチックはリサイクルできないから可燃です(自治体によっては不燃です) カップラーメンの容器は洗わなければリサイクルできないので汚いやつは回収業者が回収してくれません。かやくが入っていた袋は資源ごみだけど、調味料とかしょうゆとか油っぽいものが入ってる液体の袋は可燃ごみです(洗うのめんどいから)
じゃあ、コンディショナーが入ってた容器はどうなんだ?と思って検索したら資源ごみ扱い(きれいに洗うの大変なのに) 中身を捨てればいいらしい。なぜか、わからない。そんな感じなので、しっかりリサイクルするなら統一しなくちゃいかんと思ったのでした。
2020-07-22 (Wed)

コロナってさ。

コロナってさ。

人を分断するよね。たとえば私は実母とはずっとリモートで2月から会えてません。というのも母が、感染リスクの高いことを娘達にさせるのもいやなら、自分がうつることでまわりに迷惑をかけることを気にしてるからです。これたぶんいろんなところで発生してる問題だと思うんですけどもね。しかも私の勤務先は歯科医院ですし、歯科衛生士ですしね。そんなんわけで会えてない。大丈夫?って聞くと、大変なときは頼るから大丈夫って返...

… 続きを読む

人を分断するよね。たとえば私は実母とはずっとリモートで2月から会えてません。というのも母が、感染リスクの高いことを娘達にさせるのもいやなら、自分がうつることでまわりに迷惑をかけることを気にしてるからです。これたぶんいろんなところで発生してる問題だと思うんですけどもね。しかも私の勤務先は歯科医院ですし、歯科衛生士ですしね。そんなんわけで会えてない。大丈夫?って聞くと、大変なときは頼るから大丈夫って返事がきて。
LINEつながってるし、ゲームもしてるから。元気なことがわかるし、まぁいいんだけども。
距離感が難しいのは自分の親より義理の親。もやっとするけど、入退院くりかえすほど弱ってる高齢者のところへのこのこ行けるほど心臓つよくないから行けてません。
なにかあってからじゃ遅いし。私がウィルス運んじゃったらしゃれにならない。それを口実にしてると思われたらいやだなぁ思いつつ、もう行けてない。それでいてなんかこう罪悪感があってさ。しくしくするんですよね。
人と人とのつながりや親しみを断つという意味では凶悪だなぁと思います。現代医学があるからこそ、原因がはっきりしていて人が媒介することがわかりきってるから、家族でも会えなくなる。

そしてコロナの件があってから街中歩いて感じるのは、ぶつかってくる人がいなくなったな!ってこと。以前はよくぶつかってくる人がいて(とくにおっさん)突き飛ばされたりもしたけど、いま、まったくない。ありがたい。
そしてふいにぶつかってこられると相手が女性でもビクッとしてしまう。他人の横を無理やり(押しのけるようにして)早足で追い抜かなければならないほど、なに急いでんの?と思う。
逆にべつにあとをつけてるわけじゃなくて一定の距離とって歩いてるだけなのに怪しいやつでないか確かめるように振り返られてビクッたりもする。
いいんだか、悪いんだか。

なにはともあれ、治療薬ほしいですね。ワクチンも。都内の市中感染はちょともう深刻だと思われるし。どんなに気をつけていても感染しちゃうんだから。

そしてここから本題。カテゴリは、アトピー(笑)

アトピーな私は飲食店などの入口で、アルコール消毒にご協力くださいといわれても、ちゃんと使うことができない。ほんとにボロボロに赤くなっちゃって、しみて痛い。痛いというか、きつい。水もしみるのにアルコール無理すぎる。とくに混ざってるやつ。ほかの消毒薬や保湿的なものが混ざってるやつは、肌に吸着していつまでも残るからきつすぎる。トイレで手をしっかり洗ったから大丈夫だといいたい。かといって手持ちのアルコールをごそごそ出すのもみっともない?し、手持ちのアルコールは70%アルコール消毒剤だからめっちゃ痛い。すぐ乾くけど。
というか、痒みで眠れなくなっちゃったので、これ以上ひどくならないうちにと皮膚科にいって、噂の新薬はどうですか?と聞いてみた。
噂の新薬! 日本発の免疫抑制剤。コレクチム軟膏。注射薬は以前からあったらしい。ステロイド軟膏は長期連用に適していない。プロトピック軟膏は私みたいに灼熱感などで痒みが増して無理!って人もいるから、刺激の少ない副作用の少ない長期連用に適したお薬として開発されたらしい。けど、いろいろ読んでみたけど、長期連用には適してないんじゃないかな?? とはいえ、強い痒みをひきおこす恐怖の痒みシグナルスパイラルを制することのできるお薬のようなので、使ってみたい!と思ったのですが、
先生曰く、
新薬だからまだなんともいえないけど、この薬は強い炎症をおこしている今のきいさんの状態の肌には使えない。ここまで赤くなっちゃったら超強いステロイドを使うのが一番いい。とのことでした(あらら)
でも、私の肌(手)
細かい水疱ができていてこれもう超絶痒いのです。眠ってるときに掻きむしってしまう。でなくても人と話してるときとか油断してるとボリボリ掻いちゃって悪化する。しかも水保ってるから潰れると液がでてくるし、出血もする。とにかくそういう状態だと、どこも触れない。ニトリルグローブ(職場で使ってるやつ)していたい気持ちだけど、このグローブはあたりまえだけど通気性ないから蒸れて結果的に痒さが増す。
そんなわけで、とにかく夜眠って治したい!と思い、ふと以前飲んでた薬を思いだしました。アタラックスᏢ。麻酔前薬として使うやつ。昔、薬局で買えて服毒自殺で使われていた薬剤(でもこの薬じゃ簡単には死ねないよ。苦しいよ) これ、じんましんの痒みにも適用されてるから、きっと効くと思って、提案してみた。
アタラックスはどうでしょうか?と。以前アトピーひどかったときに飲んだことあって、唯一、ひどくても眠れた薬だといったら「古い薬だからかなり眠くなるけど、たしかにいいかもしれない」となって処方してくれました。
そして、飲んだ。
久しぶりだからか眠気がひどかった。翌日の午前中ひきずりました。ああ、この感じは久しぶりだわ思いました。頭がまわらない感じです。だるいし、口の中が渇くし。でも明らかに治りが早い!眠れたら早い! まぁ、超強いステロイド使ったのもあったけど、2日で痒みが消えたので、今日はステロイドの強さをワンランク落としました。
アタラックスは今夜まで飲んでみます。
薬剤師さんには心配されてね。これ強いから、翌日なにもしなくていい日に飲んだほうがいいと思う。14日分もでてるけど大丈夫?って。あ、大丈夫です。飲んだことあります。痒くなくなったら飲まなくていいっていわれてますと返事しました。そして痒みに負けて処方された夜に飲みました。ことりと寝たなぁ。睡眠薬か!ってくらい。
でもまぁ効き目は確かでした。私には合ってる。
そんなわけで悪化の危機は免れました。アトピーって悪化すると全身にひろがるからさぁ。限局してるうちに叩かないときついですよね。

新薬は経皮吸収して全身にめぐるので、使用量には注意しないとプロトピックより危ないかもしれない。赤くただれたところには塗っちゃだめだといって処方してくれなかった先生でよかったです。この先生の処方は好き。
コロナのせいで触れて肌のかたさを診るってのはしなくなっちゃったけど。

そんなこんなでした。いい加減、コロナ、なんとかしてほしい。
2020-06-25 (Thu)

このところ書いてなかったですが、

このところ書いてなかったですが、

アルコール消毒と頻繁な手洗いで、さすがに手が荒れてきました。といっても乾燥のほうは保湿クリームで防げているので、いったいコレはなんなんだろ?というポツポツに悩まされています。汗疱とはちょっとちがう。かたい膨らみのできるやつです。痒みがあまりないので虫刺されかと思って抗生物質系の軟膏を塗っていたんですが、まったく治らないので、ちょうど内服薬がきれるタイミングでいつもの皮膚科にいって診てもらったら「こ...

… 続きを読む

アルコール消毒と頻繁な手洗いで、さすがに手が荒れてきました。といっても乾燥のほうは保湿クリームで防げているので、いったいコレはなんなんだろ?というポツポツに悩まされています。汗疱とはちょっとちがう。かたい膨らみのできるやつです。痒みがあまりないので虫刺されかと思って抗生物質系の軟膏を塗っていたんですが、まったく治らないので、ちょうど内服薬がきれるタイミングでいつもの皮膚科にいって診てもらったら「これは荒れてるんですよ。アレルギーです」っていわれちゃいました。
だから塗るのはステロイド軟こう。
以前の皮膚科ではプロトピックを処方される症例ですけど、プロトピックは手の甲からは吸収されにくいからステロイドのほうがマシだそうです。なんとなく忌避してたんですが、ステロイドを塗りはじめました。あまり強いの長くつけてると毛深くなるといわれたので(それはまあたしかに) ひとまずアンデベートを5日間、そのあとはロコイドで様子見しようかと思っています。
まあ、治ってきてます。

コロナは非常事態宣言が解除されたからか以前ほどの厳重感はなくなってきましたけど、相変わらず入口のドアは開け放たれていたし、飛沫予防のアクリルシートはあるし、受付の方はグローブをしていました。
グローブ、つけっぱにしておくと、それこそ汗疱になっちゃうので(私は)
私は、頻繁に外したりつけたりしていますけども。
グローブはちゃんと出回るようになっているので、ひと安心です。グローブといえばいつも使っているのが欠品しちゃってるので、手に入るものをいま使っているんですが、アレルギーのもとは、もしかしたらそれかもしんない。
慣れたものはできるだけ変更したくないものです。

そんなわけで、相変わらず皮膚科には通院していますよというお話でした。
クラリチンは常備薬です。
2020-05-13 (Wed)

感染と発症と、免疫と。

感染と発症と、免疫と。

なんかずっと前に勉強がてら書いたおぼえがあるんですが、んーと…見つからない…。ここに書いたんじゃなかったのかな。もしくは消しちゃったのか。とりあえず先に転載しておきます。書いたの、いつだ。日付がない。SARSの頃だと思います。「細菌とウイルスの違い」・細菌よりウィルスのほうが、ずっと小さい。・細菌は細胞膜を持つ生命体だけど、ウィルスはデータしか持ってない無生物。・細菌はどこてでも生きられるが、ウィルスは...

… 続きを読む

なんかずっと前に勉強がてら書いたおぼえがあるんですが、んーと…見つからない…。ここに書いたんじゃなかったのかな。もしくは消しちゃったのか。とりあえず先に転載しておきます。書いたの、いつだ。日付がない。SARSの頃だと思います。

「細菌とウイルスの違い」

・細菌よりウィルスのほうが、ずっと小さい。
・細菌は細胞膜を持つ生命体だけど、ウィルスはデータしか持ってない無生物。
・細菌はどこてでも生きられるが、ウィルスは生体の中でしか生きられない。
・細菌に感染すると長引くが、ウィルス感染の場合は、通常、いっきに悪くなって治癒する。もしくは死亡する。
・細菌に感染すると炎症数値【CRP】が高くなる。ウィルス感染では高熱のわりに正常に近い。
・細菌に感染すると白血球が増える。ウィルス感染では正常もしくは減少。
・細菌には抗生物質、ウィルスには抗ウィルス薬

他にもあったかな。とりあえず簡単に書き並べてみました。

ウィルスはものすごく小さくて、電子顕微鏡が発明されるまでは確認することができませんでした。その構造には、まだ謎なことが多いです。ウィルスには細胞膜がありません。あるのはDNA、RNAです。つまりデータだけ。ウィルスは、生体に入ると細胞の中に自分のデータを組みこんでいきます。自分をつくるための材料をかき集め、いっきに爆発して大増殖します。ウィルスは生命体ではないので、自分でエネルギーをつくることもできません。
つまり、ウィルスは、生体の中に入りこむために、白血球を騙し、細胞の中に入りこみ、宿主を騙し、不当にエネルギーを食いつぶし、自分のコピーを大量に作り出して、宿主の組織を破壊する病原体です。

細菌は、あらゆるところに自分たちにとって住み心地のいい楽園をつくろうとする生命体です。細菌に関しては「もやしもん」を読むと、なんか、納得できるのでは…(笑) 悪さをする細菌もいれば、役にたつ細菌もいます。人の体にはあらゆる細菌が共生しています。細菌は自分たちの集合体をつくると、よそものを嫌います。細菌たちが心地よく生きている体なら、悪さをするような細菌が入りこんでくるようなことにはなりませんし、悪さをしてしまう細菌も仲間同士と手をつないで牽制しあい、ひとつだけが大増殖するなんてことにはなりません。人間が特化してしまったような強力な細菌でさえなければ……

細菌もウィルスも生き残るために自分を変化させています。
ウィルスは、変異します。細菌は、耐性をつけます。

抗生物質は、体を守ってくれていた細菌にも悪影響を及ぼします、結果的に抵抗力が弱くなることもあります。処方どおりにきちんと飲まないと耐性菌が現れて、深刻なことになりかねません。例えば院内感染として有名な「MRSA」は、人間たちの体に普通にいる細菌が、抗生物質によって他の細菌が死滅した為に大増殖してしまったことで起こります。MRSAに効く抗生物質を投与することで、その抗生物質に耐性を持った細菌がまたあらたに誕生しつつあります。

細菌は生きるために代謝し、物質を分解し、悪いものに変えてしまうこともあれば、有用な働きをする物質にすることもあります。つまり「生きているだけ」です。ただ、ほとんどの細菌のかたまり(カビ、コロニー)などは、アレルギーの原因ですので、除去したいものです。口の中も同じですよ。口の中の細菌のかたまりは「プラーク」と呼ばれています。
免疫反応とアレルギー反応は同じシステムで作動しますので、細菌に感染するとアレルギーがひどくなり、アレルギーがあると感染したときに過敏に反応しやすいです。
ちょっとした風邪が大病への引き金になることもあります。

ウィルスは生体を渡り歩いて自分のコピーを作りつづける自動機械のようなものです。
白血球などを騙すシステムキーを持っている為、体内でウィルスが大放出した後になってから、やっと免疫システムが作動することになります。大量のウィルスと闘うために免疫システムは大量の兵士を送りこみます。が、その兵士たちが暴れることで、生体は急性発作(大量のサイトカインが体中をかけめぐることでおこる頭痛、発熱など)を起こし、ますます疲弊していきます。急性発作を起こしたときに用いられる薬は抗ウイルス薬。もしくはステロイドなどの免疫抑制剤です。免疫を抑制するために用いる薬ですが、これを使用しないと、免疫システムによって生体が破壊されてしまうのです。←B型肝炎ウィルスによる劇症肝炎など。正常な免疫反応を促すために免疫グロブリン投与も行われます(いまはこれが主流かな) あとは血漿交換などもある。
ウィルスが寄生した細胞を殺さずに生かして居座りつづけると、慢性化(持続感染)します。
ワクチンを接種していると、T細胞による免疫システムが早めに正常稼動しやすくなって症状が軽くなります。
ウィルスってやつは、宿主を発症させてしまったら、長いこと同じところにはいられません。ほっといても一週間ほどで引越ししていなくなります。が、データの一部を体内の細胞の一部にこっそり忍ばせておいて、本体の体力が弱ったときに、また、ぽこっと細胞から顔を出して悪さをすることもあります。(水疱瘡→帯状疱疹)
風邪をひいたら人に移せば治るってのは、あながち嘘ではありません。
またウィルスが脳にいくと、まず生きていられません。ウィルスを脳にいかせないためにも免疫システムに頑張ってもらう必要があります。免疫システムによって熱が出ますが、これは熱でウィルスを殺そうとする為でもあるので、むやみに熱を下げると、ウィルスを脳までいかせてしまうことになりかねません。
ウィルス性の場合、強力な解熱剤(ボルタレンなど)を飲んではいけません。

免疫システムの要でもあるT細胞をのっとってしまうのが、HIVです。(エイズ) 免疫システムを破壊されてしまうので、細菌などに対する抵抗力が失われ、体中に病変をきたします。SARSは、免疫細胞にとりついて増殖するので免疫機能の盛んな若い世代で重症化します。新型インフルエンザが10代に多いのも、免疫に関係しているのかもしれません。

以下、加筆。

CRPの件ですが、数値が高いということは炎症が起きているということなのでウイルス感染で発症すればCRPも高くなるし肺炎などが重症化すればかなり高くなります。ので、この記述は一部まちがいです。ウイルス感染の場合、高熱のわりにCRPが低いことがある。といったほうが正しいです。
SARSが若い世代で重症化した原因が免疫細胞にあるというのは当時の記事から引用しているんですけど、新型コロナウイルスがSARSの変異株であるなら、似た性質があるかもしれない。免疫とアレルギーは切っても切れない関係にあって、たとえばB型肝炎ウイルス感染症はインターフェロンが有効だということが確立するまでは治らない病で、無発症のまま感染力の高いウイルスを体内にとどめているキャリア(保菌者と訳されるけど無発症感染者のこと)が医療従事者(とくに外科医)を脅かしてきました(実はいまも怖いから観血処置の多い歯科医療従事者はB型肝炎ワクチンを打ってることが多いです) コロナでも無発症感染者が問題視されていますが、本人に自覚がないのがおそろしいのです。自分が感染しているかどうかなんて調べなければわかりませんからね。

「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が人体に感染するには、細胞の表面に存在する受容体タンパク質(ACE2受容体)に結合したのち、ウイルス外膜と細胞膜の融合を起こすことが重要」なので、ACE2受容体のある舌で増殖する可能性があります。だから味蕾が(免疫システムによって)壊されて味覚異常になるし、唾液中にウイルスがたくさんあったりするのですね。
ACE2が宿主側の受容体になるのは新型だけじゃなくてSARSもそうでした。ACE2は肺胞にもあってこれが呼吸器不全をひきおこす重要因子です。ACE2は循環器系にとっても大切な酵素なのでこれがウイルスに乗っ取られてしまったら? 宿主にとって大切な酵素をウイルス(敵)と認識した免疫細胞が、これを駆逐するために臓器を攻撃してしまうし、正常なACE2が減れば循環器の弱い人には打撃になるし、腸内のACE2が減ったりコロナにのっとられたら腸炎になります(下痢になる)
あとはもう専門分野になりすぎちゃって私の頭がふらふらになるので難しいお話はここまでにして。

重要なのは、ウイルスってのは生体外では増殖しない。ってことです。
そして生体外に出た新型コロナウイルスが3日とか7日とかドアノブとかにへばりついていたとしてもアルコール消毒すれば無効化できる。人が動かなければコロナウイルスは人を媒介して自分の分身を増やしていくことはできません。人が接し合わないこと。付着しているウイルスを消毒して無効化する。これでウイルスの量を減らすことができます。ウイルスが減れば感染する人も減って、ウイルスの流行は終息します。また息を吹き返しますけどね。駆逐できていないから。
あとはワクチンとか特効薬をつくれれば、このウイルスとも共存できるようになる。
ということなんだなぁと、ぼやっと思ったので、つらつらと書き書き。

雑記です(ふぅ)
2020-04-24 (Fri)

アルコールは一瞬で燃える

アルコールは一瞬で燃える

あたりまえのことなんですけどね。だってアルコールだもん。アルコール綿をガスバーナーの火の近くに持っていくと燃える。器具をアルコール綿で拭いてバーナーにあてると燃える。青く。青いから見えづらいんですけど、ばっと燃えて、近くにある紙とか布とかに、ぼっと燃え移る。なのでアルコール消毒をするときには気をつけてくださいね。というお話でした。次亜塩素酸水も使うときは換気必要だし、まぜたら危険な薬物だから気をつ...

… 続きを読む

あたりまえのことなんですけどね。だってアルコールだもん。
アルコール綿をガスバーナーの火の近くに持っていくと燃える。器具をアルコール綿で拭いてバーナーにあてると燃える。青く。青いから見えづらいんですけど、ばっと燃えて、近くにある紙とか布とかに、ぼっと燃え移る。なのでアルコール消毒をするときには気をつけてくださいね。というお話でした。
次亜塩素酸水も使うときは換気必要だし、まぜたら危険な薬物だから気をつけて。

院内感染が増えてますね。このウイルスは換気の悪い場所で人が密集して会食することで感染率が跳ね上がります(でもこれどのウイルスでもそうですけどもね) じゃ他のウイルスとどう違うのかというと、ワクチンがなくて特効薬がないのに、ふつうの風邪みたいにひろがるってことでしょうか。ふつうの風邪なら寝てれば自力で治りますけど、このコロナは上気道炎から肺炎になっていっきに悪化するところが、とてもいやらしいです。しかも体内で息をひそめたかと思うと、増殖して免疫系を破壊していく。軽症者のほうが多いとはいえ重症化したらICUに入らなくてはならないくらい身体管理が必要になる。日本は以前流行した同じコロナウイルスのSARSとMARSを水際でくいとめたがために、そのおそろしさをわかってなかったように思う(私も甘くみてた)
アメリカでは感染リスクの高い職業のトップに歯科衛生士と歯科医があるようですが、日本ではそうはなってません…よね? ただ歯科衛生士が行うスケーリング(歯石除去)は超音波スケーラーを使うことで飛沫感染をおこしやすいのは確か。エアロゾルになりますから。口腔で増殖するウイルスだから口のなかにエアーをかけたら唾液ごとウイルスが空中散歩しちゃいますからね。でも病院での院内感染とか、最近おきた歯科医院での院内感染でも、思いつくのはスタッフルーム。
スタッフルームって狭いし、閉鎖空間。そこでお昼ごはんを食べながらおしゃべりしたりするから。
なんかもう「食べる時」気をつけて!って思う。
トイレいったら手を洗う。食べるまえによく手を洗う。タブレットとかスマホとかPCキーボードとか触ったら手を洗う。そして口元に手をあてない。空気感染じゃないからそれでわりと防げると思う。たぶん。あと口呼吸しないで鼻呼吸。
でもまあ感染予防のプロじゃないから、歯科衛生士としていえることは…。
こういうときこそお口の中は清潔に!
でも定期検診は延期してね(^^)ってことでしょうか(矛盾?) 口の中を清潔にすることで肺炎予防になります。けど、いま歯のクリーニングにいくことはオススメしません。というか、いまはやめてほしい。歯科衛生士や歯科医は怖い思いをしながら仕事しています。クリーニングはいまでなくてもいい。歯が痛くてどうしようもない人しかいまは診ないようにという歯科医師会からの要請もあるし、べつに指示ではないですけど、スタッフや患者のためにも患者数を減らしている歯科医院はとても多いと思います。
あと長めのGWに入るので来院前には必ず電話をするようにしてください。
でも働けるだけ幸せ、ともいえる。なんともいえない。コロナのせいで失業する人も多いだろうし、たちゆかなくなる業種も多いだろうし、なんだかもう…なんでこうなった?という気持ちでいっぱいですね…。