FC2ブログ

ひとりごと

本のこと アトピーのこと 日々つれづれ ひとりごと

Top Page › アトピーのこと › 手が楽になってきました。
2009-10-22 (Thu) 00:29

手が楽になってきました。

ずーっと治らなかった指先ですが、だいぶきれいになってきました!
多少恥ずかしくても白い手袋をつけてた甲斐がありました。←埃が多そうな古本屋とかで本を触るときには手袋つけてたりして。すっかり、つやつやです。

そしてステロイド軟こうの中止の仕方を模索しています。
急にやめると反動があるのは知ってる。←経験上
なので医者にいわれたとーりに、ステロイドとプロトピックを重ね塗りしてみてます。そしてプロトピックだけにして経過がよかったら、プロトピックもやめちゃう。これでなんとかなるだろうと。

素人判断ですが…!

皮膚科って基本的に信用してないんだと思う。私。
それこそ、ちいちゃいときから、いろんな皮膚科にかかってるからなぁ。

とりあえず今の指先の状態ならウィルス感染も防げそうです。

傷口あるのが、一番やばいですもんね。

で、ウィルスといえば、新型インフルエンザワクチン。
あれね。健康体なら打つ必要ないと思いますよ?(暴言かな)  基礎疾患のない健康な若者の死亡例もありますが、感染率に比べたら死亡率はとても低いですよね。季節性のがよっぽどヤバイ。と、思う。変異は怖いですけども。

その季節性インフルのワクチンも不足しそーな勢いですが。

万が一感染して発症したときに重症化しやすい、糖尿病の人、喘息の人、ひどいアレルギーの人、ステロイドなどの免疫を抑制する薬を飲んでいる人、免疫不全の人などなど。抵抗力が弱くて、ふつーの風邪でも肺炎になってしまうような人は、早めにワクチンを接種すべきだと思います。

でも新型インフルのワクチンは国内における臨床例が少ないので、副作用がちょっぴり心配だ。医療従事者が先に接種することで、副作用報告が迅速に行われそうではありますけど(まるで人体実験のようだともいわれていますが…) 歯科が優先順位の対象外なのはあたりまえだと思いました。絶対数が少ないなら、患者に直接接する救急病院とか開業医の医師が接種したら、他は、とりあえず重症化しやすい患者さんにまわすべきだと思ってます。

受験生をかかえた家庭もぴりぴりしているでしょうね…

一生を左右しますもんね。

けど、ワクチン打ったからって感染しないとはかぎらないので、規則正しい生活、快食快便、適度な運動をして正常な免疫反応ができる体に整えておくことのほうが大切ですから。

がんばりましょう。

私は、インフルエンザにかかったことがないので、これを機に初体験してみたいな~なんて、あほなこと考えてます。←こういうこといってるやつは、まず、かからない。

関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可