FC2ブログ

ひとりごと

本のこと アトピーのこと 日々つれづれ ひとりごと

Top Page › アトピーのこと › パッチテスト3日め
2011-10-23 (Sun) 01:23

パッチテスト3日め

パッチテストは皮膚科に行かなくても日常品のものを使用してできるんですよ。実は。でも金属アレルギーとか成分となるとパッチテストに必要なものを集めるだけで大変だから、皮膚科でやってもらうメリットはちゃんとあります。たとえば、私の場合、ホルムアルデヒドとかね… やろうと思わないもん。そんな成分。

ということで、3日めで確定したのは「ホルムアルデヒド」と持参した「ハンドクリーム」と「液体ソープ」でした。他はマイナス。金属の場合は少しずつ出てくることがあるから様子見だけど、他は気にしなくてよさそう。ですが、何について調べたのかちゃんと聞かないと、か。最終確定したときにコピーをくれると思ってますけども。

そんなわけで、ホルムアルデヒドといえば、ホルマリン。
学生のとき解剖実習にて、ホルマリンが充満した部屋に長くいられなかったんだから、すでに確定はしていたんだったなと思い出した。刺激臭だから、そうでない人だって何かしら反応出ると思うんですけど。私は、花粉症みたいに、鼻と目がやられました。今回のパッチテストで肌についてもかぶれることがわかりました。

一番の問題は「ハンドクリーム」だったんですが、これまで犯人扱いしてきた「プラスチックグローブ」とか「シアバター」には反応しなかったんで(決めつけて、ごめんっ) ほぼコレが原因と判明いたしました。でも、これ、同じメーカーなんですけど、傷のあるところに塗っても唯一しみないハンドクリームだったんですよ。ですけど、これが、パッチテスト数時間後から痒くてたまらなかった物質と判明しちゃったんで、もう使えません。

つか、使ってたら治らない。もしくは使ってたから治らなかった(!)
ソープ系と違って、最後に使うものだから洗い流さないし。
グローブを使うまえに塗ったりもしてた。というか、最近ちょっと怪しんでいて、だからこそパッチテストのときに持参したんですけどもね… こんな、はっきり陽性だと脱力します。ちゃんと成分をみて買ったのに。いったい何がいけなかったんだ。さっぱりわからない。ハーブ系でないことだけは確か。

しかも、このハンドクリームには「グリチルリチン酸2K」という抗炎症作用のある成分が含まれていて、むしろ反応をおさえる作用があった筈なのに。一日、これしかつけてなかったとき、指先がカサカサしてきたので怪しんだんです。ソープも。耳のうしろが荒れたりしたときに、もしかして? シャンプーじゃなくて、コレのせいなのかなと思ったから、別のせっけんにかえてたんです。正解だったようです。

なのでハンドクリームとソープの全成分を調べてみました。共通の成分がない…
同じメーカーのもので試供品でいただいたクレンジングではすぐに荒れたので使わずにいたんですが、その成分も調べてみた。共通してるのは「グリチルリチン酸2K」だけ。うーん…

メモとして商品名を記しますが、私の肌に合わないだけで、いいものなんですよ。
私が購入するのは基本的に「肌にやさしい」ものなんですから。
なので、あくまでも、私の肌には…という注釈つき。なぜか「いい」とされるものほど合わない摩訶不思議。

今回、反応が出たのは、


リスブランの「薬用ビューティシャンハンドクリーム」

全成分表示/
[有効成分]グリチルリチン酸2K
[その他の成分]水解シルクエチル液、濃グリセリン、シクロペンタシロキサン、サラシミツロウ、ステアリン酸POEソルビタン、セタノール、ステアリン酸ソルビタン、POEヤシ油脂肪酸グリセリル、ステアリン酸PEG、1,2−ペンタンジオール、エタノール、香料、水


リスブランの「ノンEウォッシュ」

全成分表示/水、ココアンホ酢酸Na、ラウラミドDEA、ココイルグルタミン酸TEA、クエン酸、ペンチレングリコール、グリチルリチン酸アンモニウム、グリセリン、ペンテト酸5Na、PEG−20ソルビタンココエート


(パッチテストはしてないけど試供品を使用してすぐに荒れちゃったもの)

リスブランの「カルシウム薬用クレンジングクリーム 」

全成分表示/
[有効成分]グリチルリチン酸2K
[その他の成分]水酸化Ca、ミリスチン酸オクチルドデシル、サラシミツロウ、カルボキシビニルポリマー、水酸化K、ステアリン酸POEソルビタン、セタノール、ステアリン酸PEG、流動パラフィン、1,2−ペンタンジオール、AMP、無水エタノール、香料、水


過去のパッチテストで反応が出た化粧品類←当時は顔がかぶれてた。

ファンケルの「マイルドクレンジングオイル」

全成分表示/エチルヘキサン酸セチル、ジイソノナン酸BG、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20、ヘキサカプリル酸ポリグリセリル-20、メドウフォーム油 エモリエント、(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ローズヒップ油、ジパルミチン酸アスコルビル、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル) 、トコフェロール、ステアリン酸イヌリン


ハウス・オブ・ローゼの「ミルキュア ピュア クレンジングクリーム」

全成分表示/ミネラルオイル、水、ミリスチン酸オクチルドデシル、グリセリン、ステアレス-3、ステアレス-6、ジステア、リン酸PEG-4グリセリル、ホエイ、ステアロイルグルタミン酸Na、グリチルレチン酸ステアリル、トコフェロール、BG、PEG-20、ステアレス-11、セテス-20、トリステアリン酸PEG-3グリセリル、デヒドロ酢酸Na、プロピル


さて、どの成分がダメなのかな。多すぎて、わからん。

これとは別に、ほんとはハーブでパッチテストしたいんだけど。天然ハーブといってもオイルしか手に入らないし。使わないのにもったいなさすぎる。皮膚科のパッチテストにハーブ項目があればいいのになぁ。

今回のことでわかったのは、私の感覚は、あまりアテにならないってことだ。
本気でわかんなかった。あやしいと思ったのだって、ごく最近なんだし。

で、いまパッチテストの関係でお風呂に入れてないので、ついでに自分でパッチテストをやってみることにした。どうせ入れないんだから有効活用しなくちゃね。金属でなければ、3日でわかるんだから。コットンパフにリスブランEシリーズの乳液をしみこませて絆創膏で貼りつけてみた。ついでにワセリンも。あとは…何かあったかな

いまの手の状態は、すこぶる良好です。
反応の出たハンドクリームを使ってないからか… でも、手がひどくなった当初には使ってなかったんだから、最初に荒れた原因は他にあった筈。荒れたから探してリスブランに辿りついてるんだもの。いつから使用してるのか忘れたけども… あれは… 確か… うーん… いつだ… シアバターをやめたのが今年の1月なんだから、そのあとなのか。というか、シアバター、いま塗ってみたら痒いんだけど(あれれ)

ちょっと自分でもパッチテストやってみるかな。

関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可