FC2ブログ

ひとりごと

本のこと アトピーのこと 日々つれづれ ひとりごと

Top Page › ドラマのこと › 「蒼の海」感想 その6です
2014-08-29 (Fri) 21:20

「蒼の海」感想 その6です

駆け足だったな!という感想ですみませんが、駆け足でしたなぁ。

ということで、ネタバレです。

急転直下したのは、航太の心でした。まぁ、前回で溶けたなぁ思ったし、島のリゾート開発プランを中止させるつもりなんだろうとは思っていたけど、また贈賄か! それはともかくとして舞に「忘れていいから」とかいいながら、長浜で舞が待っているという確信がなければ、青いガラスのリングを自分でつくったりはしないよね…? 1年のタイムラグがあるし、その間、なにがしかのやりとりがあったところがはしょられているのかもしんないけど(脳内補完するっきゃないか)
航太のおやじは、航太を見届けるまで美樹さんと彩のところには帰らないというのは、まあいいとして、夏帆ちゃんの墓参りはどうしたんだ。舞におまかせ? それはともかくとして、航太が圭吾に頼るところはよかった。あと、圭吾と聖子がくっついたの見て、聖子やったね☆と思った(聖子の作戦勝ちでしょ) そうなってくれたほうが舞も気が楽になるだろうけど。
それにしても徳山さん、あんなラフにかっこするとめちゃくちゃ若く見えるんですけど…。奥菜恵のほうがかなり年上に見えちゃった……。ラスト。航太側の描写がぞんざいすぎて、長浜で舞と再会したときの航太の涙がういちゃったのが残念でならなかったです。が、とりあえず航太が舞と幸せになるラストでよかった…かな。
なんか、もぞりとするんですが。なんか足りない気がするんですが。
とりあえず悲愴なラストでなくてよかった。
どろどろ系の昼ドラは最終話で死人が出たりするから気が抜けません。
やれやれ、です。
約束を果たし(そういえば約束って「そばにいる」とかより「沖縄の海にいっしょに潜る」ってほうだったのか。うっかりしてた) きれいな海に潜るシーンで終わって、大変、美しゅうございました。
あれ。それで航太はガラス職人になったんだろうか。まさか体験工作で指輪つくっただけとかじゃないよね!?
関連記事

最終更新日 : 2014-08-29

Comment







管理者にだけ表示を許可