FC2ブログ

ひとりごと

本のこと アトピーのこと 日々つれづれ ひとりごと

Top Page › 日常のこと › 風邪が長引いたというよりも
2015-09-03 (Thu) 21:14

風邪が長引いたというよりも

久しぶりに風邪ひいたからか、その後の体力回復に時間がかかりました。こんばんは。リポビタンDをこんなに飲んだのは初めてです。効いてるのか効いてないのかいまいちわかりませんでしたが(!) 回復したのはリポビタンDのおかげでしょう。たぶん。きっと。
お盆休みの終わりがけに倦怠感とのどの痛みとともに発熱して風邪っぴきになったんですが、熱がひどかったのは1日だけで、ボルタレンだと熱が下がりすぎちゃうのでカロナールにきりかえて、37.0℃から下がらないように気をつけたんですが、咳と痰のせいでもろに「風邪ひいてますね」状態になっちゃったので、せめて湿っぽい咳をなんとかしたくて、抗生物質をペニシリン系からマクロライド系にきりかえたあたりから口元にヘルペスができてあごの下のリンパが腫れました。

つまり免疫力が落ちまくり?と思ったので、リポビタンに頼ったのでした。

風邪のひきはじめに後頭神経痛になって、風邪の治りがけにヘルペスができたことからして、私のなかにはヘルペスウィルス(水ぼうそうのウィルス)がしつこく巣食っているということだけは確かだなと思いました。後頭神経痛とヘルペスの関係は最近結構いわれてるみたい。でも、私、枕のせいとか思ってるとこもあるんですけど、今回は口元にヘルペスできたりあごの下のリンパ腫れたりしたので、やっぱりそういうことなのかなと納得。つまり免疫落ちると後頭神経痛が出て、発熱して、あごの下のリンパ腫れたりヘルペスできたりするんだな、と。そのうち帯状疱疹とか出てきそうでいやだなぁ。
関連記事

最終更新日 : 2015-09-03

Comment







管理者にだけ表示を許可