FC2ブログ

ひとりごと

本のこと アトピーのこと 日々つれづれ ひとりごと

Top Page › 映画のこと › 「翔んで埼玉」
2019-05-04 (Sat)  19:12

「翔んで埼玉」

たぶん初日にみにいきました。たぶん。というのは、ほんとは他の映画がみたかったから(笑 でもタイミング悪くて上映時間がままならなくて、映画館じゃなかったらみないであろう映画を選んだのです。なんか重い映画より明るいのみたかったしで。
結果、よかったです。
罪のない映画。特定の県をディスってるっていうけど、悪意は感じない。正直なところ、存在感のなさすぎる栃木県のほうがディスられている気がした。というか、たぶん、この映画のいいところはソコジャナイ。
見終わったあと、しばらく私のなかに二階堂ふみが演じた百美(ももみ。女の子みたいな名前と容姿だけど男)が残っていて、その健気さにほっこりしてました。魔夜峰央の世界観が壊されることなく実在している素晴らしさ。
そういえば魔夜峰央さんって「パタリロ」じゃん。と、納得した。なにしろ帰国子女の麗をガクトが演じているんですが、見た目がバンコランそのもの。めっちゃ具現化されていてびっくりでした。違和感なさすぎです。
リピする人が多いのか、ずいぶん長いことベストテンに居座ってましたね。っていまだにいるじゃないですか。ぇー、すごいですね。この映画はボーイズラブものでもあるのですよね。一般人の目に触れまくってますが(笑
ファンタジーだからいいのか。ぶっとんでるからいいのか。
ボーイズラブじゃん?という一般人(結婚をひかえた娘)のツッコミがいいのか。
笑えて、楽しい映画でした。
という単純なレビューになっちゃったけど、百美の健気さにはやられました。
関連記事

最終更新日 : 2019-05-04

Comment







管理者にだけ表示を許可