FC2ブログ

ひとりごと

本のこと アトピーのこと 日々つれづれ ひとりごと

Top Page › 日常のこと › 君が家に帰ったときに
2006-03-04 (Sat) 23:30

君が家に帰ったときに

今日はASKAさんのライブだったんです。日本武道館で。
長年いっしょに行っている友人と行ってきました。なんだかすごく久しぶりな気がしていたけど、実は一年ぶりだったみたい。今日は肌の調子がめちゃくちゃ悪くて、会場の空気が乾燥しきっていたのが、ちょっとつらかった。でもステージがよく見えたし、よかったです。
「君が家に帰ったときに」は、アルバム「ONE」に収録されている曲で、この曲の歌詞が不評だったことをネタにしていたので、ついタイトルに…(笑) この曲の歌詞は確かに「ん?」と思う歌詞なんですけど、わたしは好きです。飛鳥さんの歌詞は、パズルみたいにシーンが散らばっているので、曲で聴いてもイメージしか伝わってこないというか、イメージが伝わってくるというか、ひとつのフレーズが耳にひっかかるというかで、意味を考えずに聴くのが好きなんですが、この曲は最初のフレーズが「君が死んでも 僕は生きるよ」だったりするもんだから、気になるんですよね。要するに、病院のベッドで寝ている君をからかうのもいいけど、ほんとは家に帰ってきてほしいよ。って、ことなんですよ(決めつけた) 素直にすぱっといわないだけで。君にそっくりな瞳をしたネコがいたから、つい飼っちゃったよ。君が帰ってきたら逢わせてあげるよ。ってな歌詞です。ストレートに書くと。けど、ストレートでないところが素直じゃない感じで、面倒そうにしながら彼女のために出かけちゃう男の歌なんだと聴いたら、なんだか妙に愛着がわきました。

なんかフォーマルな黒いスーツにネクタイなんか着ていたので、なんかいつもと違う感じですてきだ!とか思っちゃいましたよ。ソロコンサートなのに、チャゲの話題が多いところもいい感じです(いつものことですが)

そんなこんなで、こんばんは。
拍手をありがとうございます(ぺこぺこ)
来訪してくださってありがとうございます。
コンサートのある日は帰宅が遅くなるもんで、サイトのこと何もできません(うるるん) 明日は急に出かけるかもしれないので、さらに何もできないかも…。お話を書きたいのになぁ。書きたいのになぁ。すんごく書きたいんですけど。お肌のために、もう寝なくちゃ。 
関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可